Code example for Fragment

Methods: onResume

0
     * </blockquote> 
     */ 
    @Override 
    public void onResume() { 
        Log.v(TAG, "onResume");
        super.onResume(); 
    } 
 
    /** 
     * メモリ不足や画面回転などの理由で {@link Fragment} が破棄されても復帰可能とするために 
     * {@link Fragment} の状態を一時保存する目的で onSaveInstanceState(Bundle) が呼ばれます。 
     * 保存したい状態は、引数の {@link Bundle} オブジェクトに保存します。 
     * この {@link Bundle} オブジェクトは、{@link Bundle} オブジェクトを受け付ける様々なライフサイクルメソッドで受け取ることができます。 
     * 例えば、{@link Fragment#onCreate(Bundle)}や、 
     * {@link Fragment#onCreateView(LayoutInflater, ViewGroup, Bundle)}、 
     * {@link DialogFragment#onCreateDialog(Bundle)}、 
     * {@link Fragment#onActivityCreated(Bundle)}が該当します。 
     * 
     * これらのメソッドで受け取る {@link Bundle} オブジェクトには、以前onSaveInstanceState(Bundle)で保存した状態が格納されています。 
     * 
     * To save temporary states of this fragment,