Code example for GL10

Methods: glClearglClearColorglLoadIdentityglMatrixModeglOrthofglViewport

0
	public void renderInit(GL10 gl) {
		/* 
		 * OpenGLの座標系などの設定 
		 */ 
		// デバイスごとにスクリーンサイズが異なるため、表示領域を制限している 
		gl.glViewport(0, 0, mWidth, mHeight);
 
		gl.glMatrixMode(GL10.GL_PROJECTION);
 
		gl.glLoadIdentity();
 
		// 左上と右下の座標系の設定 
		// 最後のZ座標は2Dアプリではあまり意味がないが一応0.5fを指定する 
		gl.glOrthof(-1.0f, 1.0f, -1.5f, 1.5f, 0.5f, -0.5f);
 
		// マトリクス変換とは、ポリゴンの超低座標を操作することで、 
		// ポリゴンを移動したり回転、拡大させたりして描画する機能 
		// 描画するポリゴンを動かすためにマトリクス変換を行う際は以下のGL_MODEVIEWを呼び出したあとに実行する 
		gl.glMatrixMode(GL10.GL_MODELVIEW);
		// マトリクスの初期化 
		gl.glLoadIdentity();
 
		/* 
		 * 画面をクリア 
		 */ 
		gl.glClearColor(0.5f, 0.5f, 0.5f, 1.0f);
		gl.glClear(GL10.GL_COLOR_BUFFER_BIT);
	} 
 
	/** 
	 * 描画メイン処理. 
	 * @param gl 
Connect your IDE to all the code out there  Get Codota for Java