Code example for GL10

Methods: glColorPointer, glDrawArrays, glEnableClientState, glVertexPointer

0
		 */ 
		// 第一引数・・・1つの頂点に必要なデータ個数(2Dではx,yの2つの値で1つの座標となるため「2」を指定) 
		// 第二引数・・・第四引数に指定する頂点の配列のデータ型 
		// 第三引数・・・第四引数に渡した配列の何番目から読み込むかの指定なので基本的に0を指定する 
		// 第四引数・・・頂点の配列 
		gl.glVertexPointer(2, GL10.GL_FLOAT, 0, polygonVertices);
 
		gl.glEnableClientState(GL10.GL_VERTEX_ARRAY);
 
		// glVertexPointerと引数の指定方法は同じでRGBアルファをで1つの頂点となるため「4」を指定 
		gl.glColorPointer(4, GL10.GL_FLOAT, 0, polygonColors);
 
		gl.glEnableClientState(GL10.GL_COLOR_ARRAY);
 
		// ポリゴンを描画(一度に複数のポリゴンを描画できるため、どのようなルールで頂点をつないでいくかを第一引数で指定する) 
		// 最後の引数は頂点の数 
		gl.glDrawArrays(GL10.GL_TRIANGLE_STRIP, 0, 4);
	} 
 
	/** 
	 * 円を描画する. 
	 *